ニートについてのあれこれ

ニートについてあれこれ記載しています。

メニュー| ニートの家庭環境 | ニートの増加の要因 | ニートの問題点 | ニートの誤解 | ニート対策 | 海外の状況 |

ニートの家庭環境

ニートの家庭環境

ニートは裕福な家庭に属していることが多いという意見がある。世帯の年収をみると、1997年までは所得1,000万円以上の世帯の中では、非希望型の世帯の割合が高かった。これが2002年になると状況が変わり、非希望型の割合は低くなった。

「その意味では,家庭が裕福であるために,無理に就職を望む必要がなかったことから非希望型を選択した個人も多かったということは,97年までは少なからず事実であった」

「非希望型において1,000万円以上の経済的に裕福な世帯が抜きん出て多いという特徴は,2002年の時点では,すでに消失している」

年収300万円未満の世帯をみると、1992年時点では非求職型が多かったが、2002年には非求職型の31.8%、非希望型の37.6%と非希望型が急増した。非希望型は全体の割合と比べても2倍以上の値となっている。このため、非希望型において中身が変化していることが指摘されている。

なおニート本人の年収は100万円未満が約57%で半数以上を占め、100〜300万円は約31%、それ以上は約2.5%である。また親との同居率は、非求職型が83%、非希望型は73%となっている。

wikipedia article history license GDFL

[PR]アルバイト派遣派遣派遣派遣人材派遣はたらこねっと痔ろう||じゃらんネット ホテルNSFレンタルサーバー